掌の脂汗のケアと私の乗り切り方

掌の脂汗のケアと私の乗り切り方を体験談を通して紹介します。
子供の頃から掌の脂汗には悩んでいました。
元々、汗かきなのですが、特に手のひらの汗が酷いです。
冬だろうが常に手は濡れている状態で、切手が水無しで貼れる程です。
学生時代はプリントが手汗ですぐふやけていました。

バス通学でしたが、吊革が私の手汗でベタベタになってしまいます。
当時の対処法は濡らしたハンカチを常に握りしめていました。
ですが、手汗そのものを抑える効果はありませんでした。
手のひらの汗が一番気になったのは、好きな俳優さんと握手する時です。
私の手汗が俳優さんの手に付いてしまったら、次の人に俳優さんの手が濡れていると思われてしまいます。
申し訳ないので、直前まで手を扇いで涼しくしたり、タオルで拭いていました。
現在の対処法は手をまめに洗うことです。
汗を洗い流すことができるので清潔ですし、暫く汗も抑えられます。
そして団扇で扇いで手元を涼しくしています。
掌の脂汗を抑えたい時は、この方法で乗り切っています。
手のひらの汗の対策をしたくなるシチュエーション